金剛筋シャツ サイズ

金剛筋シャツの楽天での購入は要注意!?※類似品に騙されないために

MENU

金剛筋シャツのサイズは何がある?サイズ選びを要注意!

金剛筋シャツは、着ているだけで上半身のトレーニング効果を得られる、画期的な加圧インナーです。トレーニング効果だけではなく、リンパの流れを良くしたり、姿勢を矯正したりと嬉しい効果が詰まっています。

 

金剛筋シャツは加圧インナーですので、普段皆さんが着ているゆったりとしたシャツとは着心地も変わってきます。

 

そこで気になるのは金剛筋シャツのサイズ選びです。通常のシャツのサイズはS、M、L、LLと様々なバリエーションがありますよね。普段は身長や胸囲、肩幅などを考慮してシャツのサイズ選びをしていると思います。

 

しかし、金剛筋シャツのサイズの取り扱いは通常の物と少し違っています。ここでは金剛筋シャツのサイズ選びについてまとめていきたいと思います。

 

金剛筋シャツのサイズ展開は『MとL』

 

金剛筋シャツのサイズ展開はMとLの2種類となっています。少し小柄なのでSを着用している人や背が大きくてLLを選んでいる人にはちょっと不安なサイズ展開ですよね。

 

では、金剛筋シャツのMサイズとLサイズの適応をご紹介します。

 

◎Mサイズ

 

身長:162cm〜175 cm
胸囲:84 cm〜96 cm

 

◎Lサイズ

 

身長:172cm〜185 cm
胸囲:94 cm〜106 cm

 

基本的には上記の身長と胸囲を参考に、普段着用している洋服と同じ感覚で選んでいただいて大丈夫のようです。

 

身長・体重別の分かりやすい早見表は公式サイトに載っていますが、こちらでも簡単にご説明したいと思います。胸囲が正確に分からないよ、という方も体重と身長で目安は分かります。ご参考になさって下さい。

 

Mサイズ〜身長と体重から〜

 

・身長160 cm〜165 cmで体重50kg〜80 kg

 

・身長165 cm〜175cmで体重50kg〜75 kg

 

・身長175 cm〜180 cmで体重50kg〜70 kg

 

・身長180cm〜185 cmで体重50kg〜65 kg

 

Lサイズ〜身長と体重から〜

 

・身長160 cm〜165cmで体重80kg〜120 kg

 

・身長165 cm〜175 cmで体重75kg〜120 kg

 

・身長175 cm〜180 cmで体重70kg〜120 kg

 

・身長180 cm〜185 cmで体重65kg〜120 kg

 

・身長185 cm〜190 cmで体重50kg〜120 kg

 

普段よりも小さめのサイズは着れない危険性も!?

 

上記でMサイズとLサイズについてまとめましたが、注意して欲しい事が一点あります。普段よりも小さいサイズを選んでしまうと、小さすぎて着られない可能性があるんです。サイズ選びに悩んでしまった場合は、少し余裕のあるサイズ選びをした方が無難です。

 

小さすぎて着られない可能性があると言ったのは、金剛筋シャツがとても性能の良い素材を使っている加圧インナーだからなのです。

 

その素材とは『スパンデックス』という、耐久性弾性繊維です。競泳用の水着などのスポーツウエアを作る時に使用される素材なんです。

 

競泳用の水着を想像して頂ければわかると思いますが、しっかりと身体にフィットしているうえ、凄い勢いで水中を泳いでも耐えられる作りになっていますよね。このように耐久性と収縮性を兼ねそろえた素材で金剛筋シャツは作られているのです。

 

金剛筋シャツが手元に届いた時、普段着ているシャツとは違いキュッと縮まっています。着れるのか一瞬不安になるとは思いますが、ゴムの様に伸びますので安心してください。

 

ただ、ギリギリのサイズ選びをしてしまうと伸びる素材とは言え入らない危険性があるんです。せっかく購入したのに着用できなくては意味がありませんし、着用後のお客様都合の返品も出来ません。

 

無理やり着てもフィット感が強いので脱ぐのも大変になりますし、サイズ選びは慎重に行いましょう。初回だけ単品で購入して、サイズが合えばセット購入でお得にまとめ買いするのも有りですよね。

 

自分にピッタリとあった金剛筋シャツを購入して、上半身を無理なく鍛え上げましょう!

 

>>金剛筋シャツの最安値はこちら